歩く。

10月初めの週末に、久しぶりに少しばかり遠出をしました。 年に1回、伊豆高原で開催しているリトリート。 今回は「『ホワイトマジック』をグリーフの視点から読む会」のメンバーがご参加されました。 コロナのおかげ様でオンラインでのやり取りが普及し、海外の方々や国内でも遠方の方々と...

ミディアムシップからスタートしたグリーフサポート

久しぶりにグリーフの話を書いてみようと思い立ち、昨日、つらりつらりと記事にしてみました。 そして、どうせなら、もう一歩踏み込んでBoo de 風のグリーフサポートについて表現してみようかと思います。 Boo de 風のグリーフサポートのスタート地点にあったのは、実はミディア...

「グリーフ」って?

Boo de 風の活動の主軸はグリーフサポートです。 一般的に、グリーフサポートというと「死別」に伴う感情のサポートという印象があります。 しかし、グリーフって、「死別」だけが契機となるものでしょうか? 「深い悲しみ」 「悲嘆」 そんな言葉で表現されるのがグリーフです。...

Clean up再開します!

Boo de 風の多摩川河川敷Clean Upプロジェクト。 新緑の頃から夏場は涼をとる場所のない河川敷での活動は熱中症になるおそれがあるので、お休みをしていました。 けれど、徐々に気温も下がってまいりましたので9月より再開、毎月第4土曜日の朝、開催いたします! Clean...

歴史のうねり。夏のきわみ。

葉月。 味わい深い漢字が連なる8月です。 子どもたちにとっては楽しい夏休みの最中であり、受験生にとっては正念場であり…。 一方で、非常に厳しい時を刻んだ時代の、ひとつの象徴としての月でもあるわけです。 1945年8月6日 広島に原子爆弾投下...

嬉し涙雨…か。

お盆は、地方によって時期がさまざまですね。 皆様のご家庭はいかがでしょうか。 私の住まいの地域では、7月のご家庭もあれば8月のご家庭もあり。 そしてわが家は8月。 ということで13日の昨日、墓地の掃除を済ませ、盆棚を整え、お迎え火を焚きました。...

私が出したかもしれない海のゴミ。

このブログで幾度かシェアさせていただいておりますJAMMINさん。 以前の記事はこちらです。 WELFARE OF RABITT 「大人の生きづらさ」と「子どもの生きづらさ」 殺処分対象となった犬たちを保護し、新しい里親につなげる活動のご紹介...

白南風吹く。

今年の梅雨明けはあまりにも早く、拍子抜けと言う言葉がぴったり。 暑さひとしおではありますが、汗ばむ肌をすり抜けていく風はなんとも心地よし。 白南風(しらはえ)吹く。 梅雨明けの時期に南東方面から吹いてくる夏の季節風のことだそう。...

2022年人類の祭

明日は「人類の祭」。 4月の復活祭、5月のウエサク祭に続く、春の3大祭の最後です。 このお祭りに込められた秘教的な意味合いを、その都度アリス・ベイリーの著作から引用してまいりました。 今日はその最後となります。 ではまいります!...

5月25日は世界失踪児童の日

5月は子どもの日が二回巡ってきます。 5月5日は、言わずと知れた「子どもの日」。 そして、今日5月25日は、「消えた子どもの日」。 こちらはあまり知られていないのではないでしょうか。 「子どもの日」は、連休の最中でもあり、新緑の時期でもあり、ウキウキする日ですね。...

2022年ウエサク祭(2)

ウエサク祭は「春の3大祭」のひとつで、4月に開催されるイースターの祭(復活祭)に続くお祭です。 (復活祭の記事はこちらです。→2022年復活祭) 昨日に引き続き、この「春の3大祭」がもつ秘教的な意味合いを、アリス・ベイリーの著作から引用してまいります。...

2022年ウエサク祭(1)

今年のウエサク祭は明日、16日です。 ウエサク祭は「春の3大祭」のひとつで、4月に開催されるイースターの祭(復活祭)に続くお祭です。 (復活祭の記事はこちらです。→2022年復活祭) この「春の3大祭」がもつ秘教的な意味合いを、アリス・ベイリーの著作から引用して味わってみた...

ふと気づくと3年目。

ここで度々、いやかなりの頻度で登場致します「『ホワイトマジック』をグリーフの視点から読む会」が、今月3年目を迎えました。 途中で脱退された方、また、新たに加わって下さった方、それぞれの自由意志のもとに開催し続け、その積み重ねで迎えた3年目。...

ゴミを捨てる人の気持ち。捨てられるものの思い。

毎月第四土曜日のClean upはBoo de 風の活動のひとつ。 今月も開催致しました。 2月3月はおひとりさまゴミ拾いでしたが、今月はご賛同いただきました方がご参加くださいました。 ありがとうございます! 集合後は、それぞれにそれぞれのペースでゴミ拾いをスタート。...

2022年4月度clean upのお知らせ

今月も23日の第4土曜日にBoo de 風の活動のひとつ、定期 Clean upを開催致します! 植物の成長が目を見張るがごとくで、なかなかゴミを拾いにくい状況ではありますが、それでもゴミは落ちている、いや、落とされています。...

2022年復活祭

明日17日の復活祭に際し、2年前の自身の記事を改めて読んでみました。 そして、キリストの磔刑と復活に対する考え方が変化しているなぁ、と感じた次第です。 当時の記事を(恥ずかしながら)一部、ここに再掲してみます。 2020年4月12日、今日はイースターです。...

殺処分対象となった犬たちを保護し、新しい里親につなげる活動のご紹介

現在、Boo de 風の活動の主軸としております「『ホワイトマジック』をグリーフの視点から読む会」は、開催者自身を含め、ご参加の皆様からの参加費全額を子どもたち、動物たちの支援に寄付をさせて頂いております。 毎年、年末にクリスマスプレゼントとして送金致します。...

諦めなければ、道は開ける。

先日…といっても、2週間近く前のことですが、アリス・ベイリーの各著作に付されている巻頭言を初めてシェアさせて頂きました。 アリス・ベイリー著作巻頭言 そして全文を改めてじっくりと読み、心に留まった4つの項目を記載してみました。 それがこちらです。 ・究極の謙虚さ...

地球瞑想

3月度の定期Clean upはおひとりさま開催でした。 今日は、そのお話をポツリ、ポツリとしてまいります。 開催できる季節において、毎月第4土曜日の午前中はBoo de 風の活動としてClean upを実施する。 私はこれをコミット致しました。 だから行う。ただそれだけ。...

アリス・ベイリー著作巻頭言

アリス・ベイリーの各著作には、巻頭言としてある言葉が抜粋されています。 今日は初心に戻り、この巻頭言をシェアさせて頂きます。 少々長くなりますが、すべて引いてまいります。 チベット人の言葉からの抜粋 1934年8月 私はある段階の弟子である、というだけで十分であろう。これは...