• Boo de 風

エール!


昨年の新緑の季節に芽吹いた「『ホワイトマジック』をグリーフ視点から読む会」が、今月ちょうど1年を迎えました。

そこで、ご感想、1年を経て変化したこと等々、ご参加の皆様からお言葉を頂きました。

今日は、それをシェアさせて頂きます。


(Aさん)

世の中の見方、1日の時間の使い方、人・物・事柄の選び方が大きく変わった。

自分自身の時間をつくり、ひとつひとつに向きあっていくことができるようになった。

何かが起きた時、感情が波立つ前にひと呼吸置くことができるようになった。

月に一度、この会に時間をとれることがとても良い習慣になっている!


(Bさん)

当初は、一生懸命に「頭」で理解しようとしていた。

ここは心に響くところ。ここは素敵なところ。この言葉がわからない、どういう意味?

今まで、「学ぶ」ということは、「知識として学ぶ」ことだと思っていた。

けれど、本はひとつのツールでしかなく、そこから得たものを自分の中にどう落とし込んでいくか、という方向に変化してきた。

「この会、この本をひとつのきっかけとして、どう生きていくか」

今は、ここに思いを置いている。

また、自分自身の経験を通して語られるしのぶさんの思いや、しのぶさんの師匠の話が、「生きた話」としてとても興味深い。


(Cさん)

1年を経ても、自分で人に説明はできないが、それでもとてもとても惹かれる。

本の内容は壮大な内容だけれど、その内容を個人レベルに落とし込んで話をしてくれるので、とてもわかりやすい。

しのぶさんの経験をふまえた「生きた話」になっている。

自分なりに、自分の悩みを見つめ直せるようになってきた。

1年を通し、心がとても穏やかになってきた。

自分は小さき人間だけれど、その自分の中にも宇宙があるということに感動!


(アートマ・クリヤ・ヨーガのティーチャー)

10年以上前に出会った『ホワイトマジック』を再読する機会を得た。

今は、よりアートマの視点で読んでいる感覚があり、そこが面白い。

この本は、マインドで理解しようと必死にならなくて良いのでは?

頭で理解するよりも、バイブレーションに触れることがとても大切。



みなさん、ありがとうございました!

再読のアートマのティーチャー以外は、海のものとも山のものともわからない『ホワイトマジック』を読んでみよう!という決意をされ、ともに過ごした1年間。

非常に難解な内容ですので、それぞれに心折れることも多々あったかと思いますが、このご感想を伺い、主催者としては感無量。


そして、何より。

このご感想は、みなさんが費やした時間、努力、その他諸々の結果です。

これが、5月に新たにスタートを切る、次期のご参加者の皆様への大いなる、大いなるエールになるということ。

なんて素晴らしいのでしょう!

また、ご参加頂いた費用は全額寄付させて頂くわけで、これまた必要とされる場所での糧、必要とされる方へのエールになるのです。

本当に有り難いことです!!

2年目もバシッと襟を正して、私自身、真摯に取り組んでまいります。



さぁ、今日も上を見上げてまいりましょう!


みなさん、今日も素敵な一日をお過ごし下さい!


#Boode風

0件のコメント

最新記事

すべて表示

歩く。