top of page
  • 執筆者の写真Boo de 風

2023年1月度Clean Upのお知らせ


えッ?こんなにギリギリにお知らせされても…。

はい。仰る通りでございます。

申し訳ございません!!


なんといっても、昨日がなんと!ふた月ぶりの更新でございまして、Clean Upのお知らせが前日になってしまいました。


Boo de 風の活動の軸のひとつに据えているClean Upプロジェクト。

プロジェクトなんて大袈裟に銘打っておりますが、言ってみればゴミ拾い活動であります。

そして、どんなに大勢の人たちが参加するんだろう…と思われるかもしれませんが、時にひとりゴミ拾いということもあるのですよ。


さて。新年初回ですので、初心に戻り、この活動をスタートした時の思いをつらつらと。



人間だけではなく、動物にも植物にも鉱物にも思いがあります。雲にも、雨粒にも。

人間が最も優れているから、人間の思いが最も優先されるべき…と私は思いません。

でも、動物や植物の命を頂戴して人間は生きているのは事実。

だから、お食事の前に「(命を)頂きます。」です。

大切に頂いて、私の中で生きなおしをして共に生きて下さい。

そんなふうに私は思っています。

生命倫理観は人間だけに向けられるものか?

私の考えは、否でありますが、

そうであるならば、現実的にそこにどのように向き合っていけばいいのか?

答えがでない問いですが、常に持ち続けていきたいと思っています。

個人的なゴミ拾い散歩が、Boo de 風の活動の一つとなったのもここが原点です。

みなさんは、この問いをどのように考えますか?

Clean up プロジェクトをBoo de 風の活動の一環として組み入れた時の思いはこちらです。

数年前より 個人的に行なっていた ゴミ拾い散歩。

この度、 活動の一環として 取り組むことに致しました。

私の住まいの近くには 多摩川が流れています。

土手にはモグラもいれば 多くの種類の鳥たちも さえずっています。

お散歩中の犬も たくさん行き来します。

彼らが、本来そこにあるはずのない ケミカルなものを

口にすることのないようにしたい。

植物も、自分たちの上に 熱い煙草を捨てられたリ、

ごみを放り投げられたら 悲しいでしょう。

生きとし生けるもの、 あらゆる生命が 幸せでありますように。

このプロジェクトに対する思いは ここにあります。


以上の思いのもと、毎月第四土曜日の9時から多摩川の河川敷でClean upを行っております。

お気持ちはあるのだけれど、遠方で参加できない…。

また時間が合わない…。

そんな方は、明日、ご都合の良い時間に、ご自身のご自宅の周りに落ちているゴミをひとつでもふたつでも拾い上げてみませんか?


どこかで知らない誰かも、こうやってゴミを拾っているんだ…。


そんなふうに思うと、知らない誰かとの一体感が増していくように感じますね!


明日のお空の様子はどんな塩梅でしょうか。

防寒対策をしてトングとゴミ袋を手に、明日9時に多摩川河川敷にくりだします!

ご興味のある方は、webサイトのContactにご連絡くださいませ。




みなさん、今日も空を見上げてまいりましょう!



0件のコメント

最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page