• Boo de 風

物に色が見える理由。


物に色が見える理由。

それを考えたことがありますでしょうか?

リンゴは赤色。

みかんはオレンジ色。

バナナは黄色。

ピーマンは緑色。

それぞれに、その色が固着しているわけではなく、

私たちがそれ特有の色を認識する原因があるそうです。

物に映える色は、太陽がそこに光を当てたことによります。

しかし、不思議だなぁと思いませんか?

太陽の陽ざしは緑色ではないのに、光が照射されたピーマンは緑色に見えます。

ホント、不思議。

太陽の光にはいろいろな色が重なりあっていて

太陽が光を照射する対象が、光の中のいろいろな色を吸収するのだそうです。

ピーマンは、緑色という結果を生み出さない他の色たちを吸収してしまい、

残った色が緑色、という具合なのだそうです。

物に色が見える理由は、「色の引き算」の結果だったのです!

つまり、ですよ。

私たちは、物でも人でも目の前の相手を

何らかの過程をふまえた上でみているということです。

ピーマンの緑色は自然の摂理でありますが、

人間が自分独自の方法を用いることもありますね。

それをバイアスということもできるかもしれません。

バイアスを一枚、また一枚とはがしていく作業。

実はこれ、「手放しの作業」であるともいえるのではないでしょうか?

先日、部屋の壁に移ったプリズム。

みなさん、今日も素敵な一日をお過ごし下さい!


0件のコメント

最新記事

すべて表示

生きる。