• Boo de 風

境遇で未来をあきらめない。


先日、朝刊をパラパラと斜め読みしていた時のこと。

一瞬通り過ぎて、ん?と再び戻った記事の見出しがありました。

それが、今日のこのブログ記事の題名です。

境遇で未来をあきらめない

2019年10月2日(水)朝日新聞朝刊、21面より

私事ですが、この見出しに再び目を向けたことには理由があります。

私自身、自分の境遇であきらめた未来があるからです。

その未来をあきらめたからこそ、今があるわけですが

何年経ても、果たせなかった未来への思慕は心の底にあるのです。

まぁ、これも、私の魂の計画の一部なのでしょうから

堂々と、今、目の前に敷かれている道を歩いてまいります。

…と、若干、強がりのようにも聞こえますね。

しかし、どうしてもあきらめきれない未来なら

自分の性格をもってして、境遇を言い訳にしなかったでしょう。

その程度の未来だったのかもしれません。

一方で、私の若い頃と現在とでは社会環境が異なります。

社会という大きな環境の中での、自分の境遇。

これまた、動かし難い問題も数多ありましょう。

境遇で未来をあきらめない社会は

大人が調え、みんなで創り上げていかないと…

グリーフを作りだす境遇や社会を変容させないと…

そんなことを思った朝刊、21面でした。

みなさん、今日も素敵な一日をお過ごし下さい!

☆ Boo de 風 の活動はこちらです。

#Boode風

0件のコメント

最新記事

すべて表示

生きる。