• Boo de 風

被災地で行うアートマ・クリヤ・ヨーガ。

更新日:2021年2月1日


11月の三連休が終わり、年末へのスタートダッシュは待ったなしになってまいりました。

この連休の二日間、都内でアートマ・クリヤ・ヨーガの実習があり、私がサーダナとシャクティパートを授けて頂いたティーチャーが講師をされました。

現在開催中の「『ホワイトマジック』をグリーフの視点から読む会」にご参加の皆様には折に触れてアートマ・クリヤ・ヨーガのお話をさせて頂いており、中には、40日間のプロジェクト・マントラを実践された方もいらしゃいます。



浄化をし続けることで小さき私が消え、最後には本来の自分につながる。

これが真の意味での自己実現であり、そしてその先に神実現がある。

アートマ・クリヤ・ヨーガを実践する目的はここにあります。

アートマ・クリヤ・ヨーガを通して、私たちは神と自分とのユニークな関係性を構築していく過程のただ中にいるわけです。


が、しかし…なのです。

実は私がこれをやってみようと思ったのは、自己実現や神実現に目を向けたためではないのです。

アートマ・クリヤ・ヨーガに限らず、私が何かを始めようと思うのは、単純な理由によります。

人生の流れの中でのタイミング。めぐりあいです。

あまり深いことは考えていません。

その時、その時の私のノリ。

と言ったら少々軽い感じがするかもしれませんが、まさにそんな感じです。

が、その根底には自分なりの軸はあり、その時点での考え方、そしてその延長線上の未来のビジョンというものはそれなりにあります。

そこを踏まえた上でのノリ。(どう表現しても、やっぱりノリなのだ。)


そのノリで始めたアートマ・クリヤ・ヨーガは今や生活の一部になっております。

11月の連休中、私は都内の実習には参加せず、東北に滞在していました。

3.11の際に有形無形に影響を受け、そして今もなお影響を受け続けている場所です。

当時、現地に足を運んでのボランティア活動は数回行いました。

その時に私にできることはそういったことだったのです。

が、アートマ・クリヤ・ヨーガを知り得た今は、もっともっと自由に活動ができるのです。

実践することで、自分を中心に半径1キロメートルの浄化ができる(といわれている)テクニックが三種類あるのですよ。

なんて素晴らしい!

小さき私が物理的にできることなんて、本当にたかが知れています。

が、テクニックを実践することで半径1キロメートルの浄化です!

本当に素晴らしい!


私自身は自己実現や神実現よりも、こういった奉仕に活用できることにアートマ・クリヤ・ヨーガの妙があると思っているのです。

これはあくまでも私の考え方、捉え方です。

一方で、半径1キロメートルが浄化されるとはいえ、そりゃぁ自己実現、神実現している方が行った方が浄化の密度、純度が高いに決まっています。

だから両輪。

アートマ・クリヤ・ヨーガを実践することで自分自身の浄化を進め、浄化が進んだ自分がテクニックを実践することで周囲の浄化が一層高まっていく。


今回滞在した東北の縁ある地では、自然に向き合う仕事に励んでまいりましたが、もちろんマントラムを唱えながらです。

ほとんど人に会うことのない立地なので、気づけば大きな声にだして唱えているという状態で、我に返って苦笑い。

そして滞在期間中、たっぷりと時間をとってアートマ・クリヤ・ヨーガを実践してまいりました。

彼の地で、アートマを行える有り難さたるや!

アートマ・クリヤ・ヨーガのご縁をつないで下さった皆様に深謝申し上げます。


今日の記事は「被災地で行うアートマ・クリヤ・ヨーガ」でしたが、被災地に注目するばかりでなくても良いのです。

世界の現状、そこに連動する日本の現状に鑑み、アートマ・クリヤ・ヨーガ、いつでもどこでもできます!



東北に入った翌日に地震がありました。

震源地は茨城県沖でしたね。

画像は北茨城でのワンショット。


みなさん、今日も素敵な一日をお過ごし下さい!



#Boode風

最新記事

すべて表示