• Boo de 風

正しい関係。


ちょっとばかり優等生っぽい題名の今日の記事は、ずばり「正しい関係」についての考察。

これまたイイ子(もはや、いや、とうの昔に「子」ではありませんが)ぶってる感満載のよう…かもしれませんが、さて、どうでしょうか?


最近、たびたび登場するアリス・ベイリーの著書『人類の問題』にじっくりと向き合ったのは、5月の連休のこと。

ひと月以上経た現在も、未だに私の中に余韻をのこしております。


この本を読み進めていくうちに、ふと気づいたことがあるのです。

んんん?この言葉、何度も目にしたぞ!

そうなんです。

「正しい人間関係」という言葉がきわめて頻繁に使用されているのです。

つまりこの本においては、「正しい人間関係」という概念が非常に重要である、ということ。

間接的な表現を除き、単純に数えただけでも60回近く登場しています。

ちなみにこの本、全体で189頁。

頻度の高さがお分かりいただけるかと思います。


そして、この「正しい人間関係」という言葉は、「善意の育成」とともに両輪として据えられており、その内容は至極当然。

しかし、ひとつの言い訳なく実践するにはかなりの「厳しさ」を伴うわけです。


この著書の題名が『人類の問題』ということで、「正しい関係」が人間に限定されているのだと思うのですが、当事者に限定を付さないとするとどうなりますか?

例えば。

人間と動物との関係。

もっと言ってしまうと、人間と鉱物、人間と植物との関係。

人間と人間との関係。

私と自分自身との関係。

つまりは、私と霊との関係、私と魂との関係、私と肉体との関係。

私と亡くなった人との関係。

人間と国家との関係。

国家と国家との関係。

人間と地球との関係。

人間と宇宙との関係。

人間と神との関係。

・・・etc.


これらにおいての「正しい関係」を正しく成立させるためには、自分の中の「義しさ(ただしさ)」と「強さ」が問われるのだと思います。

なんたって、どんな言い訳もなにひとつ通用しないわけですから!

厳しいですね。


最後に。

善意のもとに正しい関係が確立されるという文脈で、グググっと身近に迫ってきた一文をご紹介させて頂きます。


 家庭内で誠実に善意を実践する人は、家族の態度を完全に変えることができる。

ー アリス・ベイリー著、AABライブラリー翻訳『人類の問題』AABライブラリー、2001年、13頁より引用 ー


さて。

これを以ってして、人間と細菌との関係はいかに?!




まずは、ハートに問いかけてみようかな。


みなさん、今日も安心、安全に充実した一日を!


#Boode風

0件のコメント

最新記事

すべて表示