• Boo de 風

ホワイトマジックの仕事を進行させる際に必要な要素。


「『ホワイトマジック』をグリーフの視点から読む会」第1期にご参加の皆様の、ここが心に残った!シリーズ。

前回の最終回は、「ホワイトマジックの仕事を進行させるということ」について記事に致しました。

今日は、その際に必要な要素について。


ではスタート致します!


アリス・ベイリー著『ホワイトマジック 上』、 172頁より。

大師方は、明瞭なヴィジョン、感知した真理への妥協のない固執、理想に向かって着実に前進する能力のある人々を探している。そのためには次のような要素が必要である。


1 瞑想を通してその理想を認識すること。

2 一点集中を通して、その理想を現在に適用すること。

3 自己犠牲を通して、障害になっている古い想念形態を取り除くこと。

4 明瞭なヴィジョンを通して、妥協を拒否すること。

5 個人の行為とその人自身を常に区別することを可能にする識別力。

6 行為の結果を免れることができないのと同じように、オカルト的な仕事においては、個人的なカルマには干渉できないということを認識すること。したがって、誰かの仕事に干渉しないことが必要である―個人的な生活に関してはそうであるが、より重要な立場の仕事から逃げないようにすることも必要である。働き手は、個人の解放のためになる要因とグループの解放を妨げる要因の識別を学ぶことが不可欠である。


いかがでしょうか?

なかなかにハードルの高い内容が列挙されております。

しかし、これが奉仕の道具となるにあたり、必要な要素なのだそうです。

そしてこれらの要素を携えた上で、なお重要なのは、

非人格的に働くことができるかどうか。

魂との内的な接触が強固になされているかどうか。


ため息がもれ聞こえてきそうな…そんな今日の記事。

が、先を考えてげんなりするよりも、まずは自分の立ち位置でできることをする!

さぁ、今日も空を見上げてまいりましょう!!




みなさん、今日も素敵な一日をお過ごし下さい!

#Boode風

0件のコメント

最新記事

すべて表示