• Boo de 風

「別れ」を起点に広がるあれやこれや。


前回は、グリーフについてのBoo de 風の考え方をさらりと書いてみました。

そして今日もグリーフにまつわる内容です。


先月ことですが、2月17日の朝日新聞朝刊に、

料理家の栗原はるみさんのインタビュー記事が掲載されていました。

46年間連れ添われたご主人を2019年の8月に看取られた栗原さんのその記事の見出しに

心ひかれ、一気に読み終えました。

その見出しがこちら。


「おいしいねが聞けない喪失感」


これほどに喪失感を表現している言葉はない…私はそう感じました。

そうなんです。

「別れ」を起点に思いは広がっていきます。

大切な人との別れは、

その人と一緒に過ごした場所との別れであり、時間との別れであり、

一緒に聞いた曲との別れであり…。

共に吹かれた風の和らぎとの別れであり…。

一人でその場所に向かうことも、その場所で立ちすくむこともできますが、

そういうことではないのですね。

もうどうしたって戻ってこないあれやこれやが

「別れ」を起点に広がっていくんです。

先の見出しの言葉は、そんな思いの深さの現れだと感じました。


しかし、です。

その得も言えぬ哀しみ、切なさの中で自分の足でなんとか立ち、歩を進めて行く。

厳しいことだけれど、自分で決めて自分でそうする。

そうしていくことで、逝ってしまった大切な方たちも安心して

ご自身のその先に進めることができるのでしょう。


みなさんと共に、今日もまた一歩。





みなさん、今日も安心、安全に素敵な一日をお過ごし下さい!


☆現在、新型肺炎の今後の見通しが全く立ちません。

 様々な情報が錯綜している中、Boo de 風はリスクを重んじ、

 当面、対面活動を自粛することに致しました。

 但し、緊急を要する場合のセッションのご依頼につきましては

 個別に対応をさせて頂きます。 何卒宜しくお願い致します。

#Boode風

0件のコメント

最新記事

すべて表示